「やわらかくて、かたい」上原修一 銅版画作品展

終了したイベントの記録です

「やわらかくて、かたい」上原修一 銅版画作品展

 

銅版画は製版と刷りを経て間接的にイメージを表現する行為であるが、そのプロセスにおいて作家の意図・計画から大きく外れた状況にしばしば遭う。ジョセフ・ペネルの「偉大なエッチャーで、かつて腐蝕の技術をマスターした人はいなかった」という言葉が、エッチングのみならず銅版画すべての技法に現在でも当て嵌まる。版・インク・紙は、じゃじゃ馬のように我儘であり且つ魅力に溢れた存在だとしみじみ思う。
私は制作途中のコントロール出来ない「偶然」の状況を受け入れることを厭わない。むしろ、その即興性との協奏を自らの「必然」の技法へと繋げる工夫が楽しく嬉しい。そこに私自身の想像力を遥かに超える新たな「表現」の可能性が朧げながらに見えてくる。
銅が持つ柔らかさと硬さのバランスを介さなければ顕せない「銅版画」の世界を展示いたします。
ご高覧賜われましたなら幸甚に存じます。

 

会期 2024年1月13日(土)- 3月31日(日)
開館時間 11時~18時30分(入館18時まで)
休館日 月・火・水曜日
入場料 一般 500円 / 大高生 400円 / 小中学生 300円
会場 東京アートミュージアム ➡ Map
主催 東京アートミュージアム
企画 一般財団法人プラザ財団(上田)

 

ガウディのテーブル、そして椅子

The table & the chair, A tribute to Antoni Gaudi.

(2020年)

テーブルの上にも下にも私の荷物

My parcels on the table, under the table.

(2019年)

泳ぐ

swimming.

(2021年)

階段を上る人下りる人

gentlemen going up & down the stairs.

(2022年)

 

会場風景(2024年1月13日)

 


近藤昌美個展「滝と花と犬」

終了したイベントの記録です

近藤昌美個展「滝と花と犬」

 

「滝と花と犬」

ふと思いついた3つの単語を巡って絵を描いてみる。何の脈絡も繋がりもない3つ。滝と花は風景の組み合わせとして凡庸だ。犬が付け足されることによっても大きな意味は発生しない。
絵画の対象の意味と無意味。絵画は何によって立ち上がってくるのか?延々と描いて来ても毎日同じ疑問を反芻するだけ。

今回の個展ではペインティング、ドローイングともに全新作で展開します。
併設のプラザギャラリーでは旧作の小作品を中心に展示する予定です。
皆さまのご高覧をお待ちしております。

近藤昌美

 

会期 2023年10月7日(土)- 12月24日(日)
開館時間 11時~18時30分(入館18時まで)
休館日 月・火・水曜日
入場料 一般 500円 / 大高生 400円 / 小中学生 300円
会場 東京アートミュージアム ➡ Map
主催 東京アートミュージアム
企画 一般財団法人プラザ財団

 

花びんと花/Vase & flower
“skull, flower & vase/頭骨と花と花瓶”
“flower-4/花-4”

 

会場風景(2023年10月6日)